静岡県ってどんなとこ??その1

こんにちは。

L.Dの Kuroki です。

静岡県っていうと、やっぱり『富士山』『お茶』ですよね。

じゃあそれ以外に静岡って何があるの??って聞かれてスラスラ答えられる人って、静岡に住んでいても中々いないんですよね。どうせ田舎だから何もないんじゃないの?なんて声が聞こえてきそうですが、なんのなんの静岡県のポテンシャルはすごいんですよ。それでは静岡県の魅力をご紹介していきますね。

静岡県は、西部中部東部伊豆と大きく4つのエリアに分かれています。

静岡県に2つある政令指定都市・静岡市は中部エリア、浜松市は西部エリアに、海産物が有名な沼津市は東部エリア、そして観光で大人気の熱海市伊豆の国市は伊豆エリアに位置しています。

ご存じの方もいるかもしれませんが、静岡県はとにかく横に長い!東名高速道路を走っっていて

「はっ?まだ静岡?」なんて会話したことある方もいるのでは・・・。

広すぎるゆえに西部エリアに住んでいるけど伊豆エリアに行ったことない・・・なんてことがあったりするんです。今回はそんな広い静岡県の西部エリアにスポットを当てていきますよ。

西部エリアの中心は政令指定都市である浜松市です。

浜松市には大手企業の関連工場が多く、優れた技術を世界に発信しているところなど正に「ものづくりの街」としての所以です。おすすめスポットも沢山ありますが、浜松市西区にある舘山寺温泉街は、宿泊はもちろん、西部エリアで遊ぶならここを拠点にすると効率よく楽しめますよ。

舘山寺周辺には、浜松市営動物テーマパーク浜名湖といった遊びのスポットにアクセスしやすいし、車で20分ほどで浜松中心部に出られるので徳川家康公ゆかりの浜松城散策やショッピングも楽しめます。浜松の鰻は美味しくて有名なので、鰻も是非食べてくださいね!

また、浜松市以外でもサッカーでお馴染みジュビロ磐田のホーム磐田市、掛川茶で有名な掛川市など西部エリアだけでも1日では周りきれません。語り出したら止まらなくなりそうなので、今回はこの辺にしておきますね。最後まで読んでくれてありがとうございました。

コロナウィルスによる自粛があけたら是非遊びに来て下さいね!

 

 

 

 

 

 

 

Related post

PAGE TOP