移住するということ

こんにちは。

L.Dの Kuroki です。

梅雨入りしたところもあり日々暑さが増してきましたね。

もう来週から6月ですよ、1年も半分きちゃいました。コロナの影響で何も出来ないまま。。。

コロナ禍で生活様式が一変してしまいましたが、この事に関しては決して悪いことばかりではないと思っています。今まで必要だと思われていたモノが実は必要無かったとか、通勤しなくても意外と仕事はできるということが分かったり。。。

無駄が省かれて自分の時間が持てるというのは良い事ではないでしょうか。

そして、『暮らす』ということに対してもどうやら考え方が変化してきているようです。

移住と言えば「えいっ!」っと、現在の仕事も辞め住まいを引き払い、全てを地方に移す。

もうその様相は人生の一大イベントでした。

いわゆる従来方式の 移住 =『定住』というやつですね。

それが、コロナ禍の影響で仕事のやり方が変化したことにより移住にも変化が出て来ました

移住 =『二拠点生活』という新しい移住のやり方です。

これはテレワークなどリモートによって仕事ができる方が対象になってきますが、仕事はテレワークでできるので仕事を辞めることなく移住することができます。

仕事を辞めないで移住できるというのは、収入や精神的な面で大変大きなメリットです。

また、都市部との関係人口が増えることにより、地方に都市部からの新しい技術やサービスが入ってくる可能性が広がるという、地方にも大きなメリットがあります。

この大きな流れは、移住サポートをしている私も注目しています。

移住は、独身・家族あり・子供あり・定年後のセカンドライフなどにより、移住の優先順位も違うし、住む地域の選択も変わってきます。

自分の理想とするライフスタイルに合った生活が地方に、そして静岡にあるかもしれません。

『定住』・『二拠点生活どちらの移住スタイルにしても新しい土地で新たな生活を始めるだけでなく、新たな自分に出会えるそんな可能性を秘めているのが移住をする醍醐味ではないでしょうか。

それでは、今回はこの辺で。

 

 

Related post

PAGE TOP